So-net無料ブログ作成
検索選択

Teigha3.8 [DWG]

AutoCAD 2013が出てから半年ちょっとが経過。
3年ごとのデータ変更の年だったわけだが、まだ2013形式のDWGは
世にそれほど出回っていない。
なぜなら、2013形式データを読み書きできるのはAutoCADをはじめとした
Autdesk製品だけしかないからだ。

Teighaは、AutoCADデータ(DWG,DXF,DWF)を読み書きするための
コンポーネントライブラリで、非AutodeskのCADベンダーならどこでも
使っているものである。
年間3000ドルで、使用権を得られるのはたいへんリーズナブルだ
3.8というバージョンで2013形式に対応する。
この11月末には、その準備が整うようだ。

毎年リリースされるAutoCAD、高額なバージョンアップ費用、
2次元機能についていえば大して強化する余地のない状況。
果たして、どれだけのユーザーがAutoCAD2013を使っているだろう。
毎年の恒例行事として、新しいAutoCADをインストールして、
ただその行為自体に満足しているだけのような気がする。
デスクトップにあるAutoCAD2013のショートカットが、なんだか
むなしく見えてくる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。