So-net無料ブログ作成
検索選択

PDFの用紙サイズはポイントで表現されている [ソフト開発]

PDFの用紙サイズをiTexSharpで取得したら、mmでもinchでもない、
謎の数値が得られたので、調べてみたらポイントという単位だった。
ポイントとは、WordやEXCELで文字の大きさを指定するときに
使うもので、1inchを72で割ったものであることが判明した。
ポイントはptと略して表現されている。
読みの場合は「ポ」と省略することあるような話を昔聞いたかもしれない。

ウィキペディアから引用してみよう。
1 pt = 1/72 in. (= 25.4/72 mm = 0.3527777... mm)
つまり、iTextSharpで取得した用紙サイズに0.352777を掛ければ
mmの値になるっていうことですなぁ。
きっと用紙サイズだけの話でなく、あらゆる大きさの値が同じなはずだ。

なお、PDFのバージョンが新しくなると、このポイントという単位を
任意の単位に変更できるようになっているらしい。
mmとかInchにして、直感的にわかりやすい値にできるってことだ。
まだその詳細はつかんでいないので、今後の課題としておく。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。