So-net無料ブログ作成
検索選択

遠近両用の老眼鏡を買おうと決意した [雑感]

老眼が進んで、老眼鏡を手元に置くようになってしばらく経つ。家用、通勤用、会社用の3本があり、価格は100円・2000円・5000円と多様である。この価格差による性能差はよくわからん。デザイン製の違いが顕著なくらいか。

会社で、印刷した紙の小さい文字を見るのは、老眼鏡なしではいられない。しかし、老眼鏡をしてディスプレイを見ると逆にぼやけてしまうので、老眼鏡を外さなければならない。着けたり外したりの繰り返しが面倒になってきた。数年前は、A4に割り付け印刷することをベストチョイスとしていたが、今じゃ悪の所業だとすら感じている。

そこで遠近両用の老眼鏡を買うことにした。上半分は度がなくて、下半分が老眼鏡という仕様だ。正確には、遠近両用と中近両用の二種類があって、屋外で使うのが遠近両用で屋内だったら中近両用らしいので、おいらの場合は中近両用を買うことになる。1万円くらいするので、メガネショップで買うがよいだろう。会社の近くにZoffがあるので、サラっと行って買ってみよう。

最初は爪切るときに目が見えずらいなぁくらいだったのが、近頃ではスマホ見るのも厳しくなってきた。年を取るってのはいやなもんだ。そんな状況ではあるが、今後のビジネスシーンでは、中近両用のシャレオツなメガネをして、バリバリと働こうかと思う。目が見えずらいというストレスがなくなれば、少しは仕事もはかどるってもんだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。