So-net無料ブログ作成
検索選択

Teighaのdwg2018サポート時期 [DWG]

AutoCAD2018がリリースしてしばらく経つ。5年ぶりのdwg変更で2018形式になったわけだが、まだうちのCADの問い合わせでdwgが読めねーじゃねーかという話は聞いていない。永久ライセンスがなくなったので、AutoCAD2018を入手したユーザーは少ないのだろう。とはいえ、時間の問題で導入するユーザーが増えてくるので、2018形式のdwgを読めるようにしておかなければならない。

Teighaの対応がいつかということになる。Teighaのサポートフォーラムで聞いてくれた人がいた。回答は、6月のリリース4.3.0で、2018形式dwgに対応したい。「したい」って書きっぷりが微妙。英文では「We hope...」と書いてあった。6月って言えばあと1~2か月なので、ちょっと無理じゃないか。9月くらいになると予想しておく。

ところで2018形式dwgって何が変わったのか。多くの異尺度対応オブジェクト、ビューポートがある図面を開く保存する操作が速くなるらしい。あと、3Dソリッド、サーフェスがASMというジオメトリモデラが使われるようになったって。前半はレイアウト(ペーパー空間)を使った時の話だし、後半は「なんちゃって3次元」のAutoCADの3次元機能の強化に関わることなので、多くのユーザーに関係ない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。