So-net無料ブログ作成
検索選択
本・映画・音楽 ブログトップ
前の10件 | -

図書カード [本・映画・音楽]

社内のアイデア公募に「Web本棚で情報共有」というテーマを出して、
参加賞の図書カード500円を受け取った。
なんだか皮肉な感じ。
図書カード

近頃、Kindle版の電子ブックに目覚めたので、紙の本をとんと買っていない。
そのせいで目の疲労が激しくなり、まぶたがけいれんし始めてしまった。
図書カード使って、実店舗で紙本買ってみようかな。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

東京新聞 [本・映画・音楽]

ながいこと朝日新聞を読んできたが、ついに別れのときが来た。
朝日でなければいけない理由などまったくなくて、結婚して新居に
移ったときに最初に勧誘に来たのが朝日新聞であっただけだ。
それ以来だから17年にもなるのか...。

夕刊なんて読まないからやめちまえと思って、200円の割引を受けたのが一年半前。
その3,725円が割高に感じてきたので、もっと安い東京新聞に切り替えることにした。
朝夕刊セットが3,250円のところ、朝刊のみの金額を最寄の販売店に
聞いてみたら3,000円とのことだったが、隣りの販売店が朝刊のみを
2,550円でやっているから、そこまでは値引きしますとのこと。
ということは3725円との差額が1,175円となって、かなりお得になる。
年間で14,100円...、デカいな。

妻からは、新聞なんてやめちゃえばという冷めた意見が出ていた。
確かに、近頃は新聞を購読しない家が増えてきていて、若者世代は
新聞をとるということの意味がわからないだろう。
ネット版のサービスだって開始しているわけだが、今調べてみたら、
その料金がけっこう高いことがわかった。
日経は4,000円、朝日は3,800円、毎日と読売にはネット版の
単独サービスがない模様。
各新聞社としては、配達の契約にネット版を上乗せするという形で、
割安な料金提示をしているようだ。

やめちゃえばという意見には従えない。
なぜなら...、習慣をくずしたくないのと見栄。
新聞を読んでいることで得られる情報を失いたくないというのは建前で、
ホワイトカラーであるための一つの材料だから。
うまく言えないが、形にこだわっているのは確かだ。

ともあれ、年明けからは東京新聞を読むことになった。
東京新聞はとにかく東京のニュースが豊富な誌面、なんだって。
そう、東京に住んでいるんだから、東京をよく知らなきゃ!
ってことで。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プロメテウス [本・映画・音楽]

プロメテウスは、謎の多い映画だった。
前情報として、エイリアンとの継続性があるということを得ていなかったが、
みていれば多くの共通点に気付く。
最後に、御大登場でこの映画は終わる。

最大の謎は、冒頭の白マッチョが黒酢を飲んで滝に落ちる場面だった。
後で調べたら、これが人類最大の謎の答えだってことがわかった。
DNAが破壊されて、再結合して...。
場所や時代設定の説明なく、その謎がわかる人はいないだろう。

アンドロイドの人は、なんでそんなにいろいろなことを知っていたのか。
宇宙船がもう一台あることを知っていた、なんてのが極め付け。
一人生き残っていた白マッチョに首をふっとばされても、
アンドロイドだから死ぬことはなく、女主人公に助けられる。
エイリアンとの共通点ありすぎ。
そして、宇宙船を操縦して白マッチョの星に殴り込みに行った。

その白マッチョのなんて理不尽なこと...。
スポンサーの老人を容赦なく殺害して、その場をめちゃくちゃにする。
ちょっとは友好的なふりをすりゃいいのに。
そのマッチョぶりからも暴力的なことは明らかなんだから、
人間サイドも慎重になるべきでしょうに。

総じて言えるのは、まぁまぁ面白かったってこと。
ちょいと長めの映画で、尻が痛くはなったけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

蛙男 [本・映画・音楽]


蛙男 (幻冬舎文庫)

蛙男 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 清水 義範
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 文庫



言いようのない怖い作品だ。
救いのないエンディング。
信じられないことが自分の身に起こり苦悩するも、
共有できる仲間をみつけて少しの希望を見出した後に、
絶望的な状況に陥る。

小さな希望が潰えた時の絶望感は大きい。
最初から希望などないほうがよかったのか。
そういう意味では、強烈なSFホラー作品。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

泣いて馬謖を斬る [本・映画・音楽]

北方三国志11巻を読み終えた。
12巻では「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」が描かれているので楽しみだ。
諸葛亮孔明が、指示に従わずに敗戦したことの責任を問い、
泣く泣く愛弟子の馬謖を処刑することをいう。
いくら有能な愛弟子であっても、軍律に従わなかったことの重大さを鑑み、
殺してしまうあたりが諸葛亮のすごさだ。
劉備玄徳亡き後の三国志の山場の一つだ。

身近にいる元社長から聞いた話。
社長時代、ずっといっしょに働いていた社員を辞めさせたことがある。
彼にしかできないことがあり、重宝することもあった。
まかせていた仕事の期限がきて、どうなったか聞いたら、
想像をはるかに下回る成果しか出ていなかったことが何度かあった。
こりゃいかんと思って、クビにしたそうだ。
まさに、泣いて馬謖を斬るという心境だったとのこと。
しかし、今では私の身近なところでいっしょに働いていたりするわけで、
そういう意味では諸葛亮ほどの極端な行動とは一線を画している。

さて、おいらは斬るのか斬られるのか。
強い決意でことに当たろうと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ホラー映画 [本・映画・音楽]

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。
妻が見つけてきた本だ。

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

  • 作者: 荒木 飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/06/17
  • メディア: 新書

ここで紹介されている映画の半分くらいは観ていた。
我々にとっては奇妙でもなんでもなく、同感そのものだ。
ホラー映画が好きな人にはぜひ読んでもらいたい一冊だ。
ここで紹介されている映画で、まだ見ていなかった3本の映画を観てみた。
どれも大作ではないが、知る人ぞ知る名作だ。

ファニーゲームU.S.A. [DVD]
白い手袋をした2人の若者。
主従の関係にあり、人当たりがよさそうな反面生意気そうな風貌。
こいつらの憎らしいことこの上ない言動は、しばらく頭の中から消え去らない。
別荘で楽しくバカンスを過ごそうという家族に降りかかる恐怖。
何の救いもなくエンディングを迎える。
ナオミ・ワッツのあっけない殺され方が印象に残っている。

正体不明 THEM (ゼム) [DVD]
妖怪人間ベム的な話とは全然違う。
They、Their、Themのゼムだ。
悪意を持った彼ら(ゼム)に攻撃をされる夫婦。
ルーマニア語の会話は最初違和感があったが、すぐに慣れる。
森に逃げるが、最後には殺されてしまう。
けっこう弱いゼムの正体は...。

クライモリ デラックス版 [DVD]
クライモリという題名はもちろん邦題で、原題はWRONG TURN。
ミポリンと中村トオルの眠れる森とは、何の関係もない。
道に迷い込んだ旅行者6人を襲う3人組の怪物。
いちゃいちゃしているカップル2人が最初に殺られるのは、お決まりパターン。
1人、2人と殺されて、最後に残った2人が圧巻の復讐をする。
無駄にかっこいいトムクルーズ似の男と、かわいらしいが少し影のある女子。
化け物3人は異常にしぶとく、エンディングを迎えたと思ったら、
まだ話は続いていて、生き残りの化け物が警官を襲って終わり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

猿の惑星ジェネシス [本・映画・音楽]

よくできた話だった。
なぜ猿が文明を持つに至ったかを、現代的な話でよく説明してくれた。
感動物でもあるし、地味にみえてスゴイ特撮だったと思う。

SUPER8で痛い目にあい、しばらく映画はみなくてよいと思ってから、
約4か月後に素晴らしい作品に出合えたな。

以下、ネタバレ注意。
主人公の科学者は、人類史上最悪の犯罪者だといえる。
スパイダーマンの金持ち息子の役で知られていることは、後で知った。
チンパンジーのシーザーへの愛情にばかりに目がいって、いい人のようにみえるが、
人類を滅亡させる薬を開発して、そして広まってしまう。
それに感染して死んでしまう同僚、同僚からうつされてしまう隣人。
主人公の父親の役者が、映画のトワイライトゾーンで、飛んでいる飛行機の窓から、
妙な生き物が乗っている飛行機を壊しているのをみてしまう人だと気が付いた妻は、
スゴイ記憶力だと思ったけど、それはどうでもよい。
隣人がパイロットで、一気に世界中に病原菌が広まっていく様が、
エンディングに流れて、映画は終わる。

昨日の夜、悪夢にうなされたのは、人類滅亡のイメージが頭にしっかりと
焼きついたからだと思う。
夢で叫ぼうとして声がでなくて、一生懸命声を出そうとしたら、
本当に声が出て寝言になり、自分も起きたし妻も起こしてしまった。
寝言を言ったことは覚えているが、何を言ったのかは覚えていないし、
どんな状況だったかも、具体的には忘れた。
ただ、絶望的な状況と、夢から覚めてホッとした覚えがある。

ともかく、いい映画をみたということだけは確かだし、
近々また別の映画をみたいと思えたことも成果だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

日本一心 [本・映画・音楽]

東京ドーム、アリーナ席のほぼ中央(C7ブロック)。
COMPLEX、21年ぶりの復活は、両サイドのステージに
上がっていく吉川、布袋の映像がオーロラビジョンに流れつつ、
会場の大歓声を浴びながら両者が中央で出会い、
握手することからはじまった。
観客のボルテージはいきなり最高潮に達して、
そのまま1曲目のBE BY BABYに突入した。

COMPLEX日本一心

生まれてこの方、ライブに行くのは10回目くらいになるが、
その中でBEST1のライブ鑑賞となった。
途中バラード系の曲も交えつつ、最後から2曲目の
RAMBRING MANでおいらのボルテージは最高潮に達し、
歌い踊り続けた。
腰に爆弾をかかえるおいらだが、どうでもよくなったその時の
感情は忘れない。
最後のAFTER THE RAINで気持ちを静めて、
何とか日常に自分に戻れたか。
夢のような一夜をありがとう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

社内図書館 [本・映画・音楽]

社内情報共有の一環として、社内図書館を運営してみようと思っている。
SEなんて仕事をやっていると、世の技術動向に敏感である必要があるし、
いろんな技術要素についてきっちりとした知識を身につけておかなければならない。
そのためには本で勉強することが最も近道なわけだ。
個人、またはグループごとに本を買っているケースは多いが、その共有が行われておらず、
結果として二重三重の経費増になっているはず。

また、本好きというのはどこにでもいるだろうから、仕事と関係ないところでの本の共有も
ありえるであろう。
小説、エッセイ、趣味関係などの本もならべて、みんなで共有する。
感想を述べ合ったりして、社内での新しい人間関係を築くこともできるか。

物理的な問題としては、大きめの棚を1個空ければよいだろう。
並べる本は、各課や個人が持っているものを寄贈してもらう。
無用の長物として眠っている本は、たくさんあるに違いない。

どんな本があるかをわざわざ本棚をみなくてもいいようにするために、
ブクログというシステムを使ってみようと思っている。
アマゾンで扱っている本ならすべて登録できるということなので、使えるだろう。
また貸出中かどうかや、感想を書くこともできる模様。
なかなかいいんじゃないか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

SUPER8 [本・映画・音楽]

日曜日の昼下がり、映画を観てきたのでレポートする。
スピルバーグのSUPER8。
つまらなかった、以上。

強いてポイントを挙げてみよう。
・題名は、スーパー8mmカメラからきているらしい
・ダコタ・ファニングの妹がヒロインで、少し印象に残った
・宇宙人が出る意義が薄く、存在感がなかった
・白いルービックキューブのようなものは大して意味がなく、拍子抜けだった
・席を立とうとしたら、作品中に撮っていた映画が流れて、それはおもしろかった
・ポップコーンを食べすぎた
・映画を観る前に食ったラーメンはうまかった
・映画を観たあとに買ったまくらは寝心地がよかった

しばらく、映画はみなくていいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 本・映画・音楽 ブログトップ