So-net無料ブログ作成
検索選択

ROCKPORTの靴を激安でゲット [雑感]

先週の土曜までやっていたGLADDのセールでROCKPORTの靴を激安でゲットした。
ROCKPORT

ブラック スムース BL 3 VENETIAN TQ デッキシューズ 6,400 円
コーチブラウン CLASSIC LOAFER VENETIAN ドレス 6,900 円
合計 13,300 円なので、1足の値段で2足買えたことになる。

去年買ったROCKPORTの靴がヘタって来て、ちょいと臭くなってきていたので新調したってわけだ。この1年のあいだ通勤でずっと履いてきた靴。ごくろうさん。

その1年前に買った靴はABC MARTで13,500円。今回は激安セールで2足で13,300円。いい買い物だった。GLADDは使えるサイトなので、今後もちょこちょことのぞいてみよう。

長くやっていることとどうでもいいこと [雑感]

四十代も後半になってくると、このあとの人生のことを考えることが多くなってくる。評価されることよりも評価されないことのほうが多くなってくる。楽しいことよりも困難なことのほうが多くなる。ようするに、難しい時代だってことか。

力を入れることと力を抜くことを覚えればいいのだ。若かりし頃、力を入れ続けることに何の迷いもなかったが、いやいやそんなことは長続きしなくて、ガス欠になるのは必須なことだということが今更ながらによくわかる。毎週の報告事項に疲れ果てている自分をみればよくわかること。毎晩の悪夢を思い起こせばよくわかること。楽しいことを思い浮かべれば苦しいことも思い起こされるし、その逆もしかり。

勤続24年。何年働けば義務を果たせるのかって考えると30年くらいが妥当なのかとぼんやりと考える。働き続けることがよろこびなのは、それが過ぎ去った結果であり、それがまだ継続している今の状況においては苦しみでしかない。働かないと社会との接点がなくなって、うすぼんやりとした世界で苦しいのだろうか。苦しみがないと楽しみがなくて辛いのだろうか。。何もないほうが安らかなのだろうか。。わからない。

酔っぱらって一人で飲み続けていると、ロクなことを考えないので、そろそろ寝ようかと思う。検定を受けて、プログラムをやって、一人で酒を飲んで、今ここちよい眠気が来ている。酒飲んで早く寝るってなんて幸せなことなんだろうかと思って、今日を終えることにしよう。おやすみちゃん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレホンカードを寄付してみた [雑感]

ケイタイ電話を使いはじめて19年と7か月。公衆電話を最後に使ったのはいつだろうかと考えてみると、スマホ忘れて妻に電話するのに数年前に使った覚えがある程度で、定期入れの中にはそんなときに使う用のテレホンカードが今もあるのだった。しかし、ここ数年はスマホを忘れるなんてことがなくなり、テレカの出番もなくなっている。

自宅の引出しの中にテレカが何枚かあることは知っていた。かなり昔、BOOKOFFでテレカが使えた時代があってそのころに使ってしまえばよかったのだが、気が付くと使えなくなっていてずっと眠っていたのだ。ひっぱりだしてみたら、10枚あってそのうち2枚は1000円だったので、合計6000円の資産というわけだ。眠らせておくのは気持ち悪いので処分した。

タイガーマスク基金
以下、テレホンカード寄付募集のところから引用。「家庭で養育できない子どもたちが生活する児童養護施設では、子どもたちが学校や施設などから電話をかける際、公衆電話を利用するケースが多くあります。子どもたちの多くは、高校生になってアルバイトなどをしなければ携帯電話は持てません。」

8割くらいの換金率だったら金にしようと思ったけれども、実際のところは50度数(500円)のものが150円だったので、たった3割にしかならないことが判明。他にNTTの電話料金(通話料金のみ)支払いで1枚につき手数料50円で使えて9割の換金率になるとのことだが、今時固定電話でそんなに通話しないから無理。そういえば、最近固定電話ってどこからもかかってこなくなったなぁ。めずらしくかかってくると0120の勧誘電話だから着信することなし。そろそろ固定電話は解約しようかねぇ。

てことで寄付だ。封筒に10枚のテレカを入れて、タイガーマスク基金に送って完了。眠っていた資産を社会で有効活用してくれるわけで、なんだかちょっといいことした気分になったのだった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幹事の失態 [雑感]

仕事で小トラブルに遭遇していた夕方4時、会社の同期からメールが入って、その日が同期会だったことを思い出した。「で、今日はどうするんだよ」というメールに「しまったなぁ」程度の感じで、ふむふむ忘れていたのはしょうがないし、その日は平日だから店なんか押さえなくてもどこでも入れるくらいの余裕があった。その後、一気に大トラブルに発展して、7時に会社を出る予定だったのが10時半まで仕事するはめとなり、すでに同期会は終わっていたのだった。

去る3週間前、そろそろ同期会やるかねぇと同期3名にメールして、その日の同期会を取り付けたのは毎度ことながらの幹事たるおいらの役目だった。ちょいと日程調整に難航して、やれやれと決まった日取りを手帳にもgoogleカレンダーに記入しなかったのが失敗だった。もちろんその同期会のことは頭にあったわけだが、まだ先だろうと高をくくっていた。年に一度の同期会もかれこれ20数回を数えるようになって、大いなる油断があったのだろう。ただ一つ言えることは、仮に覚えていて店の予約くらいはできたとしても、その日の大トラブルでおいらはい行けなかったということ。

呼びかけ人が欠席する同期会に出席した人々はどう思っただろうな。まぁ、それはそれでおもしろいイベントだと思って、楽しんでくれたかもしれない。しかし、仕事で飲み会行けないなんてことは、過去に記憶がない。仕事に押し流されている今のおいらは、なんとも情けない!もっとプライベートを重視していこうと心に誓った。また、企画しよーっと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日々のもろもろ [雑感]

【オートロックの罠】
住んでるマンションはオートロックで、ゴミ捨て場は部屋の鍵で開けるようになっている。ある休日の昼、メシを食いに行こうとゴミを持って部屋を出た。ゴミを捨てて外に出てから気が付いた。部屋のカギがない!部屋を出るときにカギを閉めたし、ゴミ捨て場を開けるのにカギを使った。その上でカギを持っていないということはゴミ捨て場にカギを置いてきたってことだ。ゴミ捨て場は、開けるのにカギが必要で、閉めると自動的にカギがかかる仕組み。カギがないから部屋に戻ることができない。
さて困ったぞとなって、スマホで管理会社に電話しようと思っていたところに、マンション住人が帰ってきたから事情を話して、ゴミ捨て場のカギを開けてもらった。神だと思った。自分で出した紙ごみの上にカギが載っていた。いろんなゴミを手に持ちながら、カギも持っていたところに、ゴミを置いた際にカギを持っているのを忘れて、そのまま置いてきてしまったのだ。オートロックでカギをなくすと大変だぞということを、ほとんど実害ない形で体験できたのはよかったけど、やれやれって感じ。

【ダイエットで4キロ減】
人間ドック受診を向けた約3週間の摂生でマイナス3キロだったのを経て、その後の週一ジム通いと食習慣を変更によってマイナス1キロの合計4キロ減となった。人間ドックの結果がかんばしくなかった。尿たんぱくと血糖がよくなかった。夜遅く食うカップラやビックマックが厳禁として、夕食は妻が作る野菜中心のなべっぽいものに変わった。ほんとうなら、夜7時くらいにメシくって11時くらいに寝るのがいいんだろうけど、11時に食ってしかもけっこうな量酒飲んで1時に寝るなんて生活が続いていたので、食事くらいはかえなきゃいかんだろうってことだ。ジム通いってことでは、近くに港区のジムがあって1回500円という超リーズナブルな価格設定になっているので利用することにした。昔狛江にいるころに月会費9千円出して週に2回しかいっていなかったのが1回4500円かかっていたことに比べれば、1回500円というのは素敵なことだ。
4キロ減ったことによってベルトが合わなくなった。Lサイズのベルトの一番奥目から2つ目で使っていたのが一段階奥目になり、それでもゆるくなったためMサイズのベルトを購入。下を向いたときにみえる腹のでっぱりがかなりなくなってきた今日この頃。理想体重の68キロを目指す!

【虫歯があった】
最後は歯医者ネタ。抜いた歯の手前が銀の詰め物をしたところであるところ、詰め物が時間の経過でへたった上に虫歯があるといわれていたので、今日そこの詰め物をひっぺがしてきた。はがした内側に結構な深さで虫歯が侵食していた。ホントだったら今日型取りするはずだったところ、神経の近くまで削ったので、そこに痛みが出ないように何やら詰め物をするってことで、型取りは来週まで延期となった。当面歯医者通いが続くなぁってうんざりしている。
今回も麻酔したんだけど今回はよーく効いてくれた。歯を抜くことに比べれば、詰め物を取って歯を削るくらいだからレベルが違うとはおもうけれどもね。しかし、麻酔が切れた2時間後にじわじわとした痛みがやってきたので、近頃常備薬になっているロキソニン飲んで昼寝して起きたら、すっかり痛みは引いていた。よかったよかった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠近両用の老眼鏡を買おうと決意した [雑感]

老眼が進んで、老眼鏡を手元に置くようになってしばらく経つ。家用、通勤用、会社用の3本があり、価格は100円・2000円・5000円と多様である。この価格差による性能差はよくわからん。デザイン製の違いが顕著なくらいか。

会社で、印刷した紙の小さい文字を見るのは、老眼鏡なしではいられない。しかし、老眼鏡をしてディスプレイを見ると逆にぼやけてしまうので、老眼鏡を外さなければならない。着けたり外したりの繰り返しが面倒になってきた。数年前は、A4に割り付け印刷することをベストチョイスとしていたが、今じゃ悪の所業だとすら感じている。

そこで遠近両用の老眼鏡を買うことにした。上半分は度がなくて、下半分が老眼鏡という仕様だ。正確には、遠近両用と中近両用の二種類があって、屋外で使うのが遠近両用で屋内だったら中近両用らしいので、おいらの場合は中近両用を買うことになる。1万円くらいするので、メガネショップで買うがよいだろう。会社の近くにZoffがあるので、サラっと行って買ってみよう。

最初は爪切るときに目が見えずらいなぁくらいだったのが、近頃ではスマホ見るのも厳しくなってきた。年を取るってのはいやなもんだ。そんな状況ではあるが、今後のビジネスシーンでは、中近両用のシャレオツなメガネをして、バリバリと働こうかと思う。目が見えずらいというストレスがなくなれば、少しは仕事もはかどるってもんだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同窓会で101名も集めちゃったぞよ [雑感]

6.5同窓会から約1カ月経ち、ここ最近は至極普通の日々が続いている。ここ5年くらいやってきた同窓会やってみようぜマイブームの集大成として、高校の同一学年全体の同窓会を開き、先生11名生徒90名の合計101名が集まって、盛大な会となったのだった。苦労もしたけど、みんなに喜んでもらえてよかったなぁって感じで、よーくやりきったという達成感もありつつ、虚脱感もあるのだった。

思えば起点は、高校の同級生が年に一度集まる会だった。毎年集まるメンツは決まっていて、人数は7、8名ってところだった。いつの間にかおいらが万年幹事をやるようになって、徐々にその参加人数を増やしていったところで先生呼んでみようってことになって、15名くらいの会になった。その先生がまだ現役で、しかも教頭先生になっていたというのが大きいきっかけだ。そのメンツでの広がりはそこで打ち止めだったので、別のグループとして理系クラス全100名弱を対象にして同窓会をやったら、40名くらいの会になってなかなか盛り上がった。理系クラスじゃあ限りがあるじゃんってことで、今回の学年単位の会になった。全500名くらいを対象にして90名集まれば、結構な高い参加率だったと思う。卒業から27年も経っているんだから、ホントよーく集まったもんだと感心することしきりだ。

今回の100名参加の同窓会では新しい試みをとった。幹事グループを作って、複数名での企画・運営を行ったのだ。これまではおいら一人で準備して、当日のスケジュールなんて一切考えずに、当日のノリで会の進行をしてきたのだが、100人も集まるんだったら、みんなでちゃんと考えて、会を進行しようと思ったのだ。いやはや、これがかなり大変だった。ハガキ出すやら、Facebookグループ運営やら、台本作りやらってところがみんなで分担できたのはいいんだけれども、9名からの人間が集まれば、その参加密度の違いや考え方の違いがあったりで、それをとりまとめるのは予想以上に疲れた。当初から司会進行はおいらがやるつもりだったが、最初に作ってもらった台本がかなり凝っていたため、うへぇ~こんなにちゃんとやるのかよとうんざりしたなか、作ってもらった人間にそんな文句を言えるわけもないので、そのちゃんとやる路線で最後まで実施したので、あれやこれやで当日までに1カ月間くらいは、緊張と重圧で押しつぶされえそうになったりした。

9名の幹事会って言ったって、作業の大半はおいらともう1名の2名でやっていて、他3名くらいがそこそこ口や手をだして、他4名は関与薄い状態となった。もちろん当日は、みんなフル回転でがんばってくれたから、この幹事会システムは大成功だったと思っている。心残りなのは、おいらが司会進行でていっぱいいっぱいで、十分に楽しめなかったってことくらいか。本当はもうちょっとゆるい会にして、幹事たるおいらも心の余裕をもって、自分も楽しみたかったんだけれども、まぁしょうがないかと割り切った。

参加した人間は口をそろえて、幹事のみなさんありがとうとお礼を言っていた。卒業して27年も経っているのに、よーくこんなに多くの人を集めてくれて、恩師や友人と会う機会をくれてありがとうって感じだ。おいらは、なぜ同窓会幹事をこんなにやっているのだろう。。。みんなに喜ばれたいという気持ちはある。おいらも旧友に会いたいって気持ちはある。そんな気持ちだけで、日々仕事があるなかで、これだけの苦労をして同窓会を運営することにはならない。人を支配したいのだ。支配っていうとオーバーなので、「影響を与えたい」と言い換えよう。仕事ではそんなに影響力持ってないけれども、プライベートではオレってこんなにすげぇんだぜって思われたいのだ。以前、生きた証が欲しいなんてことも書いたけど、自分の影響力が多くの人間の頭に残るってことがおいらの喜びなのだ。今おいらが死んだら、葬式には同窓会などに呼んだ多くの人が参列してくれるなぁって、たまに頭をよぎる。人に影響力を与えるという行動が起点となって、いつか選挙に立候補してみようか、なんてアホなことが頭をよぎることもある。

来週は幹事を手伝ってくれた7名で集まる「おつかれちゃん会」がある。それが終われば、おいらのマイブームも終わる。よーくやったよなぁ。でもちょっと思うこともあって、3年後くらいにもう一度この会をやれば、今度は150名くらい集まるんじゃねぇかと。またあの苦労をして、そして1.5倍の喜びを感じられる。マイブームは終わるけれども、やっぱ、もっとデカい影響力を持ちたいって気持ちもある46歳の中年男なのだった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同窓会の集大成 [雑感]

101名が集まっての27年ぶりの同窓会ができたことは、おいらのここ5年くらいのマイブーム「同窓会やってみようの巻」の集大成だった。期待ってのはどんどんふくらんでいくもので、そのふくらみ加減に負けそうになった。周囲の期待に応えたいって気持ちと、おいらなりのこれまでのやり方を貫きたいという気持ちの中間点を取れたと思う。やぶれかぶれのなかで、自分の限界を突破できたとも思う。

悪く言えば「人を支配したい」。良く言えば「みんなが喜ぶことが自分の喜び」。中を取れば「影響力を持ちたい」ってことか。今は、適度な満足感と虚脱感が同居している。感謝されることにも飽きてきたので、少しダークな自分を出してみたいと思い始めた。でかいことをやったので、しばらくはおとなしくしているつもりだけど、また何かでかいことをやってみたいと思ってしまうあたり、人間そうそう変われないってことか。生きた証を打ち立てたいのかな。

ROCKPORTの靴がいいんじゃね [雑感]

最近買った靴はROCKPORTのM77308で、13,500円だった。


気に入って2年くらいはいた靴がボロボロになってきたので次の靴を買おうと思って、どこか出かけたときは靴屋によって物色するも、なかなか良いものが見つからず、これいいじゃんと思ってサイズを出してもらおうとすると、在庫切れってことが続いていた。直近靴屋に行ったときにもそんなことがあったので、メーカー名と型番をスマホにメモっておいた。ネットで探したら、ABC MARTで買えるってことがわかったのですぐに購入して、通勤専用靴として履きたおしているところだ。

ボロボロになった靴を捨てようと思ってメーカー名を見たら、なんとROCKPORTだった。おいらの好みに合う靴を作っているメーカーということで、今後しばらくはこのメーカーに頼ることになるだろう。当然サイズはわかっているわけだから、靴屋まで行く必要もなく、定期的にABC MARTのサイトを見にいけばいいだけで、とても楽ちんだ。靴は履いて買わなきゃいけない派だったけれども、気に入ったデザインとそのサイズがなければ話にならん。通販の靴屋でたくさん注文して、気に入らなかったのを返品できるって制度もあるみたいだから、今後の靴屋実店舗ってのは厳しくなっていくんだろうな。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

同窓会幹事グループを作ってみて思うこと [雑感]

同窓会を企画・運営することにはたけていると思ってきたおいらだが、今回これまでにない大規模な会となることが事前にわかっていたので、今までにはなかった幹事グループを作って意見集約型というか民主的というか、ともかく合議的な体制に意識的にか無意識的にかなってきて、いろいろとおもしろいことになってきたと、日々思っている。

今まで一人でやってきたから、思い悩むことはあっても最後には自分の決断または妻の助言を受けて「えい!」と決めて、なるようになってきた。そこに関与する人間が増えると、幅広い議論ができて、経過にも意味があると思えて、そのくせ時間が経つと一つの結論に向かっていってくれているように思えてきた。意見が分かれて、対立したり発散してしまうということも今のところない。

まだ2カ月以上先の会なので、まだまだ油断はできないけれども、日々の面倒な仕事の合間の対応がわずらわしいと思うこともあるけれども、一歩一歩前進しているのだという実感も得ていて、総論としては知的で前向きな行動なのだと思えている。

仕事でもプライベートでも人との関係性は重要だ。技術力ってのは、技術者であるおいらにとって一定の重要性があるけど、その礎の元、人とよりよい関係性を築くための日々のトライ&エラー&リカバリーが必要だ。できることをやっているだけではつまらない。やれる可能性があることにトライして、ダメだったらその経験則が次に生きて、OKだったら次につながる自信になる。トライという入り口の幅を自分なりに広げてみよう!
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感